ホーム


CAS-UBは、テキストと簡単な記号で出版物のソースを記述し、ワンソースからブックオンデマンドに使えるPDF、高品質な電子書籍(EPUB3、Kindle専用EPUB)、Webサイトなどを作るWEBサービスです。プロフェッショナルな出版物のデジタルファースト制作ができます。

AHbooks-list

cas@onigiri-Free

最近の投稿

『DITAのすすめ【第3版】 』Kindle版 発売になりました


『DITAのすすめ』は、DITA(Darwin Information Typing Architecture)を導入することによってどんな成果が見込めるかをできる限り簡単に、技術的な説明をなくしてまとめた資料です。

新しいエピソードを追加して、資料を改訂し、第三版としました。

書誌情報
書名:「DITAのすすめ」【第3版】
出版社: アンテナハウスCAS電子出版
発売日:2017年8月
著者:アンテナハウス株式会社
発行形式:プリントオンデマンド版 (発売準備中)
発行形式:電子版アマゾンKDP(アマゾンへ)
価格(税込):810円
ISBN:978-4-900552-53-1

  1. 「投資信託による資産運用のイロハ: 毎月分配型を中心に」(Kindle版を発売しました) コメントをどうぞ
  2. アンテナハウスのWebサイトが全面的にレスポンシブになりました コメントをどうぞ
  3. FormatterClubセミナーでの、CAS-UBのスライドと動画を公開しました。 1件のフィードバック
  4. 本はWeb化するか その3 J-STAGEの新バージョン評価版をみて考えたこと 2件のフィードバック
  5. 本はWeb化するか? (続き)Webアプリケーション化したオンライン版の本 vs シンプルなHTML+CSSの本 コメントをどうぞ
  6. Microsoft EdgeのEPUB表示機能はなかなか良い。これからはEdgeだと言いたいところですが、しかし、残念な点もあります。 3件のフィードバック
  7. 英語、ラテン語の辞書にみる「ページ」の語源、使用例 1件のフィードバック
  8. CAS記法によるWebページの作成:Webページ内の参考資料へのID設定と、本文から内部リンクを設定する方法 コメントをどうぞ
  9. HTMLを簡単に作る方法:h1要素の話(3) WHATWGのHTML5にみるセクションの深さと見出しランク 1件のフィードバック