ホーム


PDF受託開発ページのバナーCAS-UBは、テキストと簡単な記号で出版物のソースを記述し、シングルソースから、ブックオンデマンドに使えるPDF、高品質な電子書籍(EPUB3、Kindle専用EPUB)、レスポンシブなWebサイトなどを作るWEBサービスです。プロフェッショナルな出版物のデジタルファースト制作ができます。

最近の投稿

技術書典5出典記:予想を上回る来場者で完売タイトル続出


三連休の最終日10月8日(月・祝日)に開催された技術書典5。CAS電子出版は初回から連続して出典しており5回目の出典です。今回は事情により初めてスポンサーブースにて出典しました。事前には大型の台風25号が上陸するかもしれないという予報もあり、大変心配しました。蓋を空けてみますと台風の方は予想よりも速く通り過ぎて、杞憂でしたが、運営の方々をはじめ心配されたことでしょう。こうしたイベントは天気次第というのはつらいところです。雨にならなくて良かった! 

さて、今回は全部で9タイトルを用意しました。そのうち『CSSページ組版入門 第4版』『PDF CookBook 第2巻』が技術書典初出典となります。

出典した本の紹介はこちら:
サークル詳細 | アンテナハウスCAS電子出版
来場される方は、事前にこのリストをチェックされているようです。

当日は11時開場ですが、売り場の用意は簡単なので10時30分頃には準備完了です。

今回、ちょっと趣向を凝らして帽子で価格表をつくりました。この帽子はドンキ秋葉原で150円で調達したものです。写真のように、技術書典では現金をやりとりするためおつりの計算や受け渡しが簡単になるように、本の販売価格は500円~2,000円(消費税込み)までと、500円刻みで設定しています。

さて、10時半にはすでに開場待ちの長蛇の列ができていました。11時開場とともに最初の方の来場者はお目当てのブースめがけて一目散。我がブースには目もくれずに通り過ぎてしまいます。しばらくして漸く立ち止まって本をチェックしていただけるようになりました。

10~20分過ぎますと、これまでの技術書典でCAS電子出版の本をいろいろ買い求めいただいたといった方も見え、初出典の本を買っていただけるなど、漸くエンジンが回転してきました。

意外だったのは、『CSSページ組版入門』に人気があり開始1時間で売り切れてしまいました。CSS組版の本はあまり売れないかと思い、持ち込みが少なかったためです。他の本も入場者が予想より多いこともあり、3時から4時頃までに6タイトルが売り切れとなりました。全体的に持ち込み部数が足りませんでした。特に『CSSページ組版入門』をめがけてブースに来られた方には、完売となってしまい、申し訳けありませんでした。

『CSSページ組版入門』は、先週末からPDFをWebで無償配布しています。こちらにはソース(HTML+CSS)も一緒に付いています:
CSSページ組版入門 第4版

振り返ってみますと、今回は初回技術書典並の勢いがあったように感じます。終了時のアナウンスで、今日は入場者延べ数10,341人(うちサークル関係者889人)という発表がありました。前回の50%程という大幅な入場者数増でしたので、初めて来場という人が増えたためだろうと思います。毎度のことですが、一発勝負の販売予測が甘すぎると反省します。

それにしても技術書典は、初回40サークルの参加からスタートして今回470サークル参加と言うことで、参加サークル数は10倍の規模になりました。短期間でここまで成長・発展させたtechbooster・達人出版会のご努力に感謝します。

出展記・マガジン航に投稿しました:技術書典は“エンジニアたちのコミケ”である

  1. 『PDF CookBook 第3巻』を10月下旬発売します。PDFテキスト検索・抽出、マスク(墨消し)、画像最適化、レイヤなど役立つ情報満載! コメントをどうぞ
  2. 『CSSページ組版入門 第4版』プリントオンデマンド版発売。技術書典5にも出品しますのでどうぞよろしくお願いします。 コメントをどうぞ
  3. CAS-UBで注を作成する方法:脚注、章末注、巻末注 コメントをどうぞ
  4. PDF生成の新機能:行のベースライン合わせ 簡単な解説 コメントをどうぞ
  5. 10月8日(月)「アンテナハウスCAS電子出版」は、『技術書典5』に出典します。 コメントをどうぞ
  6. 電子書籍関連の制作・変換サービスなどのご案内 コメントをどうぞ
  7. CAS記法のマークアップがなぜ必要なのかー図版とキャプションの例 2件のフィードバック
  8. CAS-UB 昨日の定期メンテナンスでプリントオンデマンド(POD)用PDF出力機能を拡張しました コメントをどうぞ
  9. 一回使ったら止められない CAS-UBの超便利機能 UBテキストのご紹介 コメントをどうぞ