ホーム


banner_cas_ub2CAS-UBは、ブックオンデマンドに使えるPDF, 商用に耐えうる高品質な電子書籍(EPUB3、Kindle専用EPUB)を作るWEBサービスです。DTPソフトに負けない品質のPDFと構造化された電子書籍をワンソースから出力します。出版モデルをプリントファーストからデジタルファーストに転換するのに最適なツールです。

最近の投稿

Book Interchange Tag Suite (BITS) Version 1.0 の特長についての簡単な紹介


2013年末にBook Interchange Tag Suite V1.0(BITS)が発行された[1]。

以下は、4月初旬のJATS-CONでBITS開発者によるBITSに関する紹介発表[2]のメモである。

1.BITSは、JATS(NISO Z39.96-2012 Journal Article Tag Suite)を拡張したものである。JATSはNISOの標準だが、BITSは、NISOの標準ではない。BIST開発者からJATSへのコメントは多数出して一部はJATSに反映された。

2.想定する用途:
・技術専門書
・政府の報告書
・専門書のシリーズ
・本の章に匹敵するWebコンテンツ
・参考書
・カンファレンスの論文集
・百科事典

組版レイアウトを重視する雑誌、児童書などは除外されている。科学技術系教科書を除外しているわけではないが、実際には、BITS V1ではカバーしていない意味を表すタグや処理要求が多いだろう。

3.特長
(1) BITSの本には二つのトップレベル要素として本(book)と本の一部(book-part-wrapper) がある。book-part-wrapperは本の章などをモジュールとして分離して扱うためのものである。

(2) 本を一つのbookとして扱う場合でも、一部を別の独立したXML文書として作成しておいて、XInclude要素を使って取り込むことができる。

(3) 本の内容(book-body)は、JATS論文のbodyと類似の構造である。原則として、JATSで名前をつけた構造が本の中で使われるときは、BITSでも同じ名前を使う。構造モデルもできるだけ同じにする。

(4) BITSで追加した、本として専用の要素は、tocとindexである。

(5) Question-AnswerのモデルをJATSに提案したが採用されなかったため、BITSでは独自にQuestion-Answerのモデルを本の一部として定義した。

○参考資料
[1] Book Interchange Tag Suite (BITS) version 1.0
[2] What JATS Users should Know about the Book Interchange Tag Suite (BITS)

  1. 自社ショップで、1日から先行販売開始した『瞬簡PDF書けまっせ6』。HTMLヘルプとPDFのマニュアルは、CAS-UBでワンソース・マルチユースで制作しています。 コメントをどうぞ
  2. JATS-CON 2013より NLM-dtdのXMLからEPUBに変換するワークフローのメリットと課題(サマリー) コメントは受け付けていません。
  3. iOSのPDFリーダーのリフロー Adobe Readerはリフローできない。Good Readerはテキストのみをリフローする。 コメントは受け付けていません。
  4. PDFのリフロー続き)あちゃ! Android版のAdobe Readerでは、タグ付きでも正しくリフローしない。 コメントは受け付けていません。
  5. PDFのリフロー表示。タグ付きPDFとタグの付いていないPDFの比較。 コメントは受け付けていません。
  6. 『PDFインフラストラクチャ解説』のPDFの構造機能、タグ付きPDFの説明を強化。タグ付きPDFは固定レイアウトEPUBにも通じる。 コメントは受け付けていません。
  7. CAS-UBのCSSテーマ、テーマの調整およびテーマのカスタマイズについて コメントは受け付けていません。
  8. Safari とFireFoxのMathMLレンダリングの改良は、クラウドファンディングを利用したボランティアの手で進んでいる コメントは受け付けていません。
  9. WebKitの数式(MathML)でSafariはボランティアの努力を採用し、数式を表示できる。Chromeは同じものを不採用として批判を浴びる。 コメントは受け付けていません。