ホーム


banner_cas_ub2CAS-UBは、ブックオンデマンドに使えるPDF, 高品質な電子書籍(EPUB3、Kindle専用EPUB)を作るWEBサービスです。DTPソフトに負けない品質のPDFと構造化された電子書籍をワンソースから出力します。出版モデルをプリントファーストからデジタルファーストに転換するのに最適なツールです。

最新刊:『PDFインフラストラクチャ解説』のご紹介アンテナハウス電子出版サービスWebページへ進む

最近の投稿

『XSL-FOの基礎』(草稿)をFormatter Club会員向けに配布中。


御承知の方も多いかと思いますが、最近、Amazon を始め様々なオンライン書店からプリントオンデマンド(POD)による書籍の販売が始まっています。

PODは、PDFを書店に預けておき、受注の都度、プリントと製本をして届けるという方式です。その方式の特性上、採算を目標とする商業出版にはあまり向かないと思います。しかし、商業出版では採算に合わないような少部数の出版物や、普及啓蒙を目的とする出版で活用できると考えております。

そこで、その実践として、この度、昔「XSL-School」で使用していましたテキストを刷新してPODで販売することを計画しました。このテキストは、2001年~2002年にXSL Formatterの草創の時代に作成したものです。

現在、この内容を見直してPODなどで販売する準備を進めております。本のタイトルは『XSL-FOの基礎』(XML を組版するためのレイアウト仕様)を予定しています。

XSL-FO-Book

本書は、XSL-FO V1.1の仕様をご理解いただくことを目的としています。本書で解説しておりますのは、標準の仕様書の範囲内ですので、アパッチのFOPなどのオープンソースXSL-FOプロセサでも共通であり、弊社AH XSL Formatter V6.3のユーザーでない方でも活用いただけるものです。

当初のテキスト作成時は、XSL-FOプロセサの完成度、XSL-FOの仕様書の実装度合も不十分でした。現在、XSL-FO V1.1の仕様書に沿って内容を見直し、仕様書に書かれた内容をサンプルFOとしてAH XSL Formatter V6.3で作成しています。10数年を経て、XSL Formatterの完成度が高くなっていることが実感できました。

現在、関心をお持ちの方にレビューいただきながら改訂を進めています。本書完成するまでの間、Formatter Clubの会員向けに配布しております。関心をお持ちの方は、ぜひFormatter Clubにご参加いただき、本書へのご意見をお寄せください。

Formatter Clubの参加方法は次のWebページにございます。

AH Formatter:Formatter Clubについて

なお、本書は完成後は、PODで販売を計画しており、無料配布は完成までの期間のみとなります(完成版と同時に無料配布は終了の予定です)。予めご了承くださいますようお願いいたします。

  1. PODで『XSL-FOの基礎』の出版を準備中です。 PODで『XSL-FOの基礎』の出版を準備中です。 はコメントを受け付けていません。
  2. 『PDFインフラストラクチャ解説』 出版記念特別講演会の資料公開 『PDFインフラストラクチャ解説』 出版記念特別講演会の資料公開 はコメントを受け付けていません。
  3. 『本をコンピュータで作る』のは、いま、どこまでできる? (6) 紙のページと電子の画面の違い 『本をコンピュータで作る』のは、いま、どこまでできる? (6) 紙のページと電子の画面の違い はコメントを受け付けていません。
  4. CAS-UBを利用してPDFと電子書籍の制作をしてみたい方向けに。トレーニングセミナー再開 1件のフィードバック
  5. 『本をコンピュータで作る』のは、いま、どこまでできる? (5) 『PDFインフラストラクチャ解説』のプリントオンデマンド制作と販売 『本をコンピュータで作る』のは、いま、どこまでできる? (5) 『PDFインフラストラクチャ解説』のプリントオンデマンド制作と販売 はコメントを受け付けていません。
  6. 『本をコンピュータで作る』のは、いま、どこまでできる? (4) 『PDFインフラストラクチャ解説』の実践例より 『本をコンピュータで作る』のは、いま、どこまでできる? (4) 『PDFインフラストラクチャ解説』の実践例より はコメントを受け付けていません。
  7. 『PDFインフラストラクチャ解説』公開履歴(ブログ) 『PDFインフラストラクチャ解説』公開履歴(ブログ) はコメントを受け付けていません。
  8. EPUB3.0のアクセシビリティを高めるためのガイドライン EPUB3.0のアクセシビリティを高めるためのガイドライン はコメントを受け付けていません。
  9. PDFのアクセシビリティ。ワンソースマルチユースのもう一つの応用。 PDFのアクセシビリティ。ワンソースマルチユースのもう一つの応用。 はコメントを受け付けていません。