ホーム


AHbooks-list

CAS-UBは、テキストと簡単な記号で出版物のソースを記述し、シングルソースから、ブックオンデマンドに使えるPDF、高品質な電子書籍(EPUB3、Kindle専用EPUB)、レスポンシブなWebサイトなどを作るWEBサービスです。プロフェッショナルな出版物のデジタルファースト制作ができます。

最近の投稿

本、マニュアル、報告書などのブック形式出版物のWebページをどのように作成するか?


本、マニュアル、報告書などをWebページとして公開するにはどういう風にWebを構成したら良いか?

これがCAS-UB V5のバージョンアップにおけるテーマの一つです。

今年の春先に、いろいろな本のWebページの作り方を調べて、次のブログ[1][2]で簡単に整理してみました。

[1] 本はWeb化するか? PDFとブック型WebページとEPUBを考える
[2] 本はWeb化するか? (続き)Webアプリケーション化したオンライン版の本 vs シンプルなHTML+CSSの本

その結果は次のWebページに整理しています。

[3] ワンソースマルチユースで拓く、ブック型Webページの未来

Webページの目的あるいは種類として「ブック型Webページ」があります。本は、ずっと長いこと紙に印刷して製本する形態で提供されてきました。そして、現在、本の内容が電子媒体で提供されはじめています。そこでブック型Webページをどのように構成すると良いか、が重要な検討課題になっています。

CAS-UBのV5では、そのブック型Webページの形態として3つのポイントを考えました。

①表紙に相当する「タイトルページ」(書名や版元・発行日・著者名など)を作るかどうか。
②本の目次はナビゲーションのためには重要な要素です。これをどのように画面に表したら良いか。
③読み進める順序をナビゲーションとして表す。

次はCAS-UB V5で制作したブック型Webページの見本です。

『XSL-FOの基礎 第2版』

上の見本では目次のフレームをレスポンシブにしており、ノートPCなどの広い画面では次のように、目次のフレームと本文のフレームを横に並べて表示します。

画面の幅が狭くなったときは、目次のフレームをアイコンとして表示します。

目次のアイコンをクリックしますと、目次のフレームを本文の上にオーバラップして表示します。

  1. CAS-UB V5にアップグレードしました。レスポンシブなWebページ生成や、UBテキスト機能の公開などが目玉です。 コメントをどうぞ
  2. Webページ制作の生産性をアップする: ExcelファイルからQ-A(QuestionーAnswer)ページを自動生成 コメントをどうぞ
  3. FormatterClub 2017 ―冬― セミナーのご案内 コメントをどうぞ
  4. MathMLの未来を考える―(1)現状の整理 コメントをどうぞ
  5. 『瞬簡PDF作成8』プリントオンデマンド版マニュアルのお知らせ コメントをどうぞ
  6. 『瞬簡PDF編集7』プリントオンデマンド版マニュアルのお知らせ コメントをどうぞ
  7. 『タグ付きPDF 仕組と制作方法解説』Kindle版とプリントオンデマンド版発売になりました。 コメントをどうぞ
  8. Wordに埋め込まれたイメージ画像の解像度はどうなるか? コメントをどうぞ
  9. CAS-UBは本日の定期保守で、EPUBアクセシビリティ関連の機能追加などを行う予定です。 コメントをどうぞ