ホーム


banner_cas_ub2CAS-UBは、ブックオンデマンドに使えるPDF, 商用に耐えうる高品質な電子書籍(EPUB3、Kindle専用EPUB)を作るWEBサービスです。DTPソフトに負けない品質のPDFと構造化された電子書籍をワンソースから出力します。出版モデルをプリントファーストからデジタルファーストに転換するのに最適なツールです。

最近の投稿

本のかたちを考える:PDFからプリントオンデマンドで本を作る。2015年版は『暗号舞踏人の謎』


今週は、7月1日からいよいよ国際電子出版EXPOです([1]を参照)。

毎年、展示見本用としてCAS-UBで制作したPDFからプリントオンデマンドの本を作っています。

今年は、縦組の機能強化をテーマにしていますので、シャーロックホームズの『暗号舞踏人の謎』(踊る人形というタイトルの方が有名かもしれません)を本にしてみました。

1.PODサービスで作成した紙の本

判型は新書サイズ。文字の大きさは9ポイントで行間を6ポイントに設定。1行42文字、1頁16行にしてみましたところ、表紙別で58頁です。本の構造はシンプルで、PDFを作るのはとても簡単でした。青空文庫のテキストファイルと画像を使って約1日の作業でできました。

20150629d

問題としては青空文庫のままですと2倍ダッシュの間が空いてしまいます。青空文庫のテキストはダッシュに「ホリゾンタルバー」(U+2015)を使っていますが、IPAex明朝ではホリゾンタルバーを二つ使うと間が空いてしまうためです。そこで、「ホリゾンタルバー」を「全角ダッシュ」(U+2015)に置換しました([2]を参照)。

2.画像の配置例

画像の配置の見本として、いくつか独自イラストを用意して、ページの中に配置してみました。
20150629f


3.ユーザーがアップロードしたアウトラインフォントをPDFに埋め込む

『暗号舞踏人の謎』の肝は人形のかたちで表した暗号文です。ファンの手で、人形のかたちをアウトラインフォント化した「GL-DancingMen font」が提供されています。CAS-UB V2.3からユーザーがアップロードしたアウトラインフォントをPDFに埋め込めるようになりました([3]を参照)。次の図はGL-DancingMen fontを利用した頁の見本です。
20150629e

本書は電子出版EXPOに出展致しますので、お手にとってご覧いただければと思います。

なお、PDF、EPUB、mobi版はこちらからダウンロードしていただくことができます。

[1] 電子出版EXPO出展のご案内
[2] CAS-UBの使い方:PDFで2倍ダッシュを繋げるには、全角ダッシュ(U+2014)を使いましょう。
[3] ユーザーがアップロードしたアウトラインフォントをPDFに埋め込むためのCAS-UBの操作方法

  1. CAS-UBの使い方:PDFとEPUBにユーザーがアップロードしたフォントを埋め込む コメントをどうぞ
  2. CAS-UBの使い方:PDFで2倍ダッシュを繋げるには、全角ダッシュ(U+2014)を使いましょう。 コメントをどうぞ
  3. 第 19 回 国際電子出版 EXPO への出展ご案内 コメントをどうぞ
  4. 本のかたちを考える:目次の扉・目次開始処理を考える 2件のフィードバック
  5. 本のかたちを考える:縦書・新書判と四六判の版面パラメータの比較 本のかたちを考える:縦書・新書判と四六判の版面パラメータの比較 はコメントを受け付けていません。
  6. 『Adventures of Huckleberry Finn』英語版POD本をつくりました 『Adventures of Huckleberry Finn』英語版POD本をつくりました はコメントを受け付けていません。
  7. 本のかたちを考える:(縦組・四六判)基本版面の分布実態、読み易い版面は? 本のかたちを考える:(縦組・四六判)基本版面の分布実態、読み易い版面は? はコメントを受け付けていません。
  8. 『本と装幀』にみる本のかたちに関連する用語 『本と装幀』にみる本のかたちに関連する用語 はコメントを受け付けていません。
  9. CAS-UBのPDFインポート機能廃止の件:ご意見をお寄せください。 CAS-UBのPDFインポート機能廃止の件:ご意見をお寄せください。 はコメントを受け付けていません。