ホーム


banner_cas_ub2CAS-UBは、ブックオンデマンドに使えるPDF, 商用に耐えうる高品質な電子書籍(EPUB3、Kindle専用EPUB)を作るWEBサービスです。DTPソフトに負けない品質のPDFと構造化された電子書籍をワンソースから出力します。出版モデルをプリントファーストからデジタルファーストに転換するのに最適なツールです。

最近の投稿

プリントオンデマンドの用語解説(草稿) 皆様のご批判を賜りたいと存じます。


プリントオンデマンドとは

プリントオンデマンド(POD、 Print on Demand)の語義は「要求がありしだいすぐに印刷する」である。印刷ビジネスとしてはデジタル印刷機をつかって、小ロットの印刷物を短納期で製作する形態を意味する。出版が対象とする書籍(本)や雑誌では、印刷だけではなく製本や流通までを含む意味で使われることが多い。本の場合は、ブックオンデマンドという用語をあてる方が適切だろうが、今はプリントオンデマンドという言葉を使うのが主流である。ここではブックオンデマンドの同義語としてのプリントオンデマンドを中心に考える。

歴史
プリントオンデマンドは、1990年代後半から登場したデジタル印刷技術と、糊などの材料を含む製本技術の進歩によって支えられている。

印刷技術の進歩
現在主流になっているオフセット印刷は、印刷機にセットする版を制作し、印刷機によって版に転写したインクを紙に転写するアナログ方式である。版の製作、印刷機を動かして刷り出しを見ながらインクの量を調整するなどの準備工程が必要であるため、小ロット・短納期の印刷物には向いていない。これに対し、デジタル印刷機は複写機やプリンタのように印刷物を作るので、ロットの大きさでコストが変わることがない。印刷開始までの時間も短いので、小ロット・短納期が要求される印刷物に向いている。

印刷コストは、部数が少ないとデジタル印刷機の方が安いが、部数が多くなるとオフセット印刷の方が安くなる。オフセット印刷では版代や印刷の立ち上げコストなど初期費用がかかるが、刷り始めるとページあたりのコストが安い。デジタル印刷機では、ページあたりのコストは部数にあまり関係なく一定であるためである。両者のコストがクロスするのはモノクロで数百部といわれている。

製本技術の進歩
ちらしなどと違い、本をつくるには製本が必要である。製本は丁合・折り・綴じ・糊付け・表紙の取り付け・断裁など複雑な工程からなる。綴じにもさまざまな方式があり、即乾性の糊の登場など進歩が速く、製本専門の会社が工夫を重ねて製本技術が進歩してきた。単行本の製本は印刷会社とは別の製本専門会社が担当することが多い。雑誌は発行日が決まっているので、部数が多い雑誌の製本では、発行日に間に合わせるため、専用のラインを使って高速に製本することが求められる。現在の単行本や雑誌の製本工程は一度に大量の部数を、専門化したラインでバッチ処理することで、高い生産性を実現し、結果として製本コストが安くなっている。

最先端のプリントオンデマンド・システムではデジタル印刷機と自動製本装置を連動する一貫システムで、ほとんど人手を掛けずに製本ができる。このようなシステムは日本では数システムが導入されているといわれる。自動製本システムは、専門会社の製本ラインほどの高い生産性を挙げることができない。こうして、現在のところ、最先端の製本システムを使ってもバッチ処理のシステムより一部あたり製本コストが高くなるようだ。

流通
プリントオンデマンドのコストの仕組みは電子書籍に似ているが、決定的に異なるのは形があるモノを作ることだ。このため、一般の読者に本を届けるには新しい物流の仕組みを構築する必要がある。

その一つはデジタル印刷機と製本を一体化したエスプレッソマシンである。アメリカでは大学などのテキストを組み合わせてその場で製作して学生に渡すのにつかわれているといわれる。日本でも、一時、神田の三省堂本店に導入され、お客の要望で本を作る試みがなされた。このように出版物を読者の手元で作るのにつかえる。

アマゾン(日本)は2011年4月よりプリントオンデマンドを導入した。当初は洋書から開始したが、現在は、国内出版社の本も対象にしている。電子書籍のKDP (Kindle Direct Publishing)は個人の出版者が参加できるが、PODサービスでは取次を通す必要がある。このほか、楽天ブックス、hontoのようなオンライン書店が次々とプリントオンデマンドの本を扱い始めている。こうしたオンライン書店のプリントオンデマンドサービスは、読者からみると従来のアナログの本作りと同じである。

出版活動の経済面とプリントオンデマンド
印刷・製本の両面からみてプリントオンデマンドでコスト・メリットがあるのは小部数の出版物である。プリントオンデマンドでは部数が多くなっても単価が下がらないので、千部以上ともなればアナログの印刷とバッチ製本の組み合わせで製作する方が安い。商業出版社の本では企画・編集・制作のコストが最初にかかるが、千部以下でそのコストを回収するのは難しい。プリントオンデマンドが有利になるような部数の本はそもそも出版できないのであり、商業出版社にとっては初版にプリントオンデマンドを採用する意味はない。むしろ増刷の際やシリーズものの欠品を回避するために採用されている。

出版活動には、自己の思想や考え方を広める出版、学術研究成果を社会に還元する専門出版、企業のPR本などの利益を目指さない分野がある。こうした商業出版以外の領域では初版部数を気にする必要がない。むしろ少ない部数から出版できて、コストの総額を小さくできるプリントオンデマンドを採用することで、出版できる本の種類が増える。

経済面からみるとプリントオンデマンドは電子書籍に似ている。電子書籍とともに、出版活動の敷居を下げ、その活発化を担う両輪となることが期待される。

[1] https://www.facebook.com/tokushige.kobayashi/posts/1057419407676505

  1. 本のかたちを考える:基本版面のパラメータ設定の考え方を整理してみました 2件のフィードバック
  2. 本のかたちを考える:PDFからプリントオンデマンドで本を作る。2015年版は『暗号舞踏人の謎』 本のかたちを考える:PDFからプリントオンデマンドで本を作る。2015年版は『暗号舞踏人の謎』 はコメントを受け付けていません。
  3. CAS-UBの使い方:PDFとEPUBにユーザーがアップロードしたフォントを埋め込む CAS-UBの使い方:PDFとEPUBにユーザーがアップロードしたフォントを埋め込む はコメントを受け付けていません。
  4. CAS-UBの使い方:PDFで2倍ダッシュを繋げるには、全角ダッシュ(U+2014)を使いましょう。 CAS-UBの使い方:PDFで2倍ダッシュを繋げるには、全角ダッシュ(U+2014)を使いましょう。 はコメントを受け付けていません。
  5. 第 19 回 国際電子出版 EXPO への出展ご案内 第 19 回 国際電子出版 EXPO への出展ご案内 はコメントを受け付けていません。
  6. 本のかたちを考える:目次の扉・目次開始処理を考える 2件のフィードバック
  7. 本のかたちを考える:縦書・新書判と四六判の版面パラメータの比較 本のかたちを考える:縦書・新書判と四六判の版面パラメータの比較 はコメントを受け付けていません。
  8. 『Adventures of Huckleberry Finn』英語版POD本をつくりました 『Adventures of Huckleberry Finn』英語版POD本をつくりました はコメントを受け付けていません。
  9. 本のかたちを考える:(縦組・四六判)基本版面の分布実態、読み易い版面は? 本のかたちを考える:(縦組・四六判)基本版面の分布実態、読み易い版面は? はコメントを受け付けていません。