ホーム


banner_cas_ub2CAS-UBは、ブックオンデマンドに使えるPDF, 商用に耐えうる高品質な電子書籍(EPUB3、Kindle専用EPUB)を作るWEBサービスです。DTPソフトに負けない品質のPDFと構造化された電子書籍をワンソースから出力します。出版モデルをプリントファーストからデジタルファーストに転換するのに最適なツールです。

最近の投稿

組版の価値。組版と画面表示(レンダリング)の相違を考える。


先日、思いつきをTweetしましたが[1]、以下、その続きを少し考えてみました。

組版という言葉は、Wikipediaでは次のように定義されている。

「印刷の一工程で、文字や図版などの要素を配置し、紙面を構成すること。組み付けとも言う。」

印刷においては「版」を複製のために用いる。複製した結果は冊子や書籍の形式に製本される。こうして、「版」のレイアウトは永続的な物体化される。「版」が生み出すものが永続的であるが故に、きれいなレイアウトの「版」を創るのにコストを懸ける意味があり、また、複製する数量が多いときは、頁の数を減らすための努力がコスト削減という価値を生み出す。つまり「版」は印刷に利用されて大きな価値を生む。

組版はDTPの専門家の仕事であるが、このようにDTPは印刷と切り離しにくい。

自動組版で作る版面は、DTP専門家によるそれと比べると複雑さは劣るが、それでも細かい調整がだいぶできるようになってきた。次のような項目である。

・改行位置の調整
・長体による枠内へのテキストの押し込み
・改頁位置の制御(見出しと本文の泣き別れ防止)
・頁内での図の位置のフロートによる調整
・テキストと図の位置関係の入れ替えで頁の空きをなくす
・段組のときの左右の行の位置揃え

これらは、ほとんど組版エンジンの中のプログラムで自動処理できる。さらには、先日の「AH Formatter事例紹介セミナー」でTony Graham氏が紹介したように、組版エンジンの外側にワークフローを組んで図版の最適配置の決定もできる[2]。こうした処理の自動化は組版オペレータの判断をプログラム処理に置き換えるもの、自動組版のインテリジェント化である。現在は、コンピューターの処理能力が高まったので、インテリジェントな自動組版の高速処理ができる。

自動組版のインテリジェント化のコストは、それが永続的な複製物を作る「版」への投資であることによって正当化される。

EPUBリーダーでは頁表示が標準的に採用されているが、電子端末での画面は、読者が読む瞬間だけ頁表示するものであり、永続的な複製物を作るものではない。

こう考えると、組版と電子端末上での画面表示のための可視化(レンダリング)の戦略の間には、かなり根本的な相違がありそうだ。

印刷を想定しないPDF作成においてテキストや図などを頁上に配置する戦略は、その中間になるのだろうか。

[1] 組版は紙という静的な媒体上に、コンテンツを最適配置する概念で、最適配置のために何回も試行してもかまわない。一方、CSSは電子媒体上に瞬時にコンテンツを表示することを狙っており、最適配置よりも、一応見えれば良いということが優先される。
[2] JATS組版:3つ数えるくらい簡単

  1. AH Formatter 事例紹介セミナー CSS組版とXSL-FO組版 コメントは受け付けていません。
  2. 『PDFインフラストラクチャ解説』第3回目POD本の組版レイアウトを評価していただける方を募集しています。 コメントは受け付けていません。
  3. 今日から国際電子出版EXPO POD本、PDFから画像作成ツール、ほか出展いたします。 コメントは受け付けていません。
  4. CAS-UB 6月26日改訂 (2) EPUB3、Kindle生成でCSSのテーマを追加しました。また、生成時のメモリ不足エラーを解消しました。 コメントは受け付けていません。
  5. CAS-UB 6月26日改訂予告 (1) PDFの表形式についての仕様追加と変更点 コメントは受け付けていません。
  6. CAS-UB上級テクニック: Kindleストアで販売する電子書籍の目次や移動メニューの作成方法。 コメントは受け付けていません。
  7. 7月8日AH Formatter事例紹介セミナーのお知らせ 参加者募集中(終了しました) コメントは受け付けていません。
  8. IBM EPUBを社内文書の標準として使う コメントは受け付けていません。
  9. EDUPUB プロファイル仕様 (5/28ドラフト) のあらまし コメントは受け付けていません。