CAS-UB V3.0で制作したサンプル出版物『シャーロックホームズ選集』

CAS-UB V3.0の制作サンプルとして、『シャーロックホームズ選集』のPDFとEPUB3版を公開します。また、CAS-UBでお試しいただけるように出版物のバックアップファイルも一緒に公開します。

SherlockHolmes-small

(1) PDF版(holms-selected-20140923.pdf

(2) EPUB3版(holms-selected_epub3-20190923.epub

(3) バックアップファイル(holms-selected-20150923.p.zip) 

バックアップファイルをCAS-UBでお試しいただくには、任意の名前で「新規出版物」を作成して、出版物一覧画面で、その出版物のバックアックをクリックし、【リストア】メニューの[参照]ボタンでholms-selected-20150923.p.zipを選択して[バックアップファイルのリストア]ボタンをクリックします。このとき、「□他の出版物のバックアップで上書きする」にチェックをしておいてください。
書誌情報はバックアップされていませんのでご注意ください。

解説

CAS-UB V3では、縦組本の制作機能を強化しました。強化ポイントの一つは縦組と横組の混在があります。本日はこのあたりを中心に解説します。

CAS-UBは原稿の編集は必要最小限とし、成果物の作成はできるだけ自動的に処理するようにしています。そこで、原稿と成果物でページ構成の違いがでてきます。(原稿にないページが成果物に出力されます。)

原稿の構成

CAS-UBの出版物『シャーロックホームズ選集』の原稿記事構成は次のようになっています。

【記事のタイトル】 記事の種類
暗号舞踏人の謎
タイトルなし 記事の続き(原稿が長いので分割)
空家の冒険
タイトルなし 記事の続き(原稿が長いので分割)
底本 後書
著者、訳者プロフィール プロフィール

原稿が長い時ブラウザのフォームに入りきらないため分割します。「記事の続き」はPDF/EPUBなどの生成時に前の記事と自動的に結合します。

成果物の構成

PDFとEPUBを生成するときに自動生成ページを生成するかどうかを指定できます。『シャーロックホームズ選集』の成果物は次のような構成になります。◉を付けた記事は自動生成しています。自動生成の際、章番号なども自動付与します。

【構成】 内容の作成方法
表紙◉ 生成画面で画像を指定して作成
本扉(タイトルページ)◉ 書誌情報から自動生成する(PDFのみ、 EPUBは「出力しない」に設定 )
目次◉ 記事のタイトルから自動生成
暗号舞踏人の謎(章扉)◉ 章のタイトルを扉にする
暗号舞踏人の謎(本文) 章の本文
空き家の冒険(章扉)◉ 章のタイトルを扉にする
空き家の冒険(本文) 章の本文
底本 原稿のまま
注釈一覧 ◉ 原稿の注マークアップから自動生成する
プロフィール 原稿のまま
奧付◉ 書誌情報から自動生成する

ページの縦組・横組

サンプルでは本扉、注釈一覧、プロフィール、奧付を横組に設定しています。
これらのページは必要に応じて縦組に設定もできます。逆に、目次、章扉、底本は縦組ですが、横組にもできます。

【構成】 設定 他のオプション
表紙 非該当
本扉 横組 縦組可
目次 縦組 横組可
暗号舞踏人の謎(章扉) 縦組 横組可
暗号舞踏人の謎(本文) 縦組
空き家の冒険(章扉) 縦組 横組可
空き家の冒険(本文) 縦組
底本 縦組 横組可
注釈一覧 横組 縦組可
プロフィール 横組 縦組可
奧付 横組 縦組可

CAS-UB V3.0をクラウドサービスにて提供開始。PDF縦組を大幅に強化しました。

9月17日(木)夕方より、CAS-UB V3.0をクラウドサービスにて提供開始しました。

CAS-UB V3.0では商業出版の「縦組書籍を印刷するためのPDF制作」を実用的なレベルとする―具体的には、文字組主体の書籍についてDTP の代替として利用できること―を目標としています。

商業用書籍(PDF)は縦組が主流です。CAS-UBはいままで縦組もできましたが、しかし決して得意とは言えませんでした。V3.0では縦組の商業書籍も作れるように、様々な機能を強化しました。

  1. ページ毎(記事毎)のレイアウト切替を強化しました。
    • 記事の種類を増やしました。
    • 記事毎のレイアウト切替のため新機能「記事スタイル」を用意しました。
  2. 商業書籍の制作に向けて、PDFの縦組レイアウト指定機能を大幅に強化しました。
    • 縦組中で横組を組み合わせる指定を強化しました。
    • 縦組を中心にPDFレイアウト機能を強化しました。
  3. ユーザーが自由にPDFレイアウト指定できる新機能「スタイルセット」を用意しました。
  4. 書誌情報のタイトルとサブタイトルにルビと縦中横を指定できるようにしました。
  5. ユーザーインターフェイスを改善して使いやすくしました。

EPUBについては次の機能を変更しています。

  1. 生成時・記事の順序をPDFとEPUBで統一しました。

詳しい情報は、「CAS-UB サポート&ガイド」CAS-UB V3.0の主な変更点の項にPDFとEPUBを用意しておりますのでご参照ください。

CAS-UBは30日間の試用サービスもございます。関心をお持ちの方は、どうぞお試しになってみてください。