ウイドウとオーファンって、なかなか深い

欧文組版にウイドウ(widows)とオーファン(orphans)という言葉があります。しかし、有名な欧文組版に関するテキストブックで、ウイドウとオーファンについて調べて見ても意味がなかなか分かりません。

まず、そもそも定義がはっきりしていません。本によって違います。また、回避すべきかどうかの要求度も必ずしも一致していません。

例えば、Chicago Manual of Style (15th edition)では:

A page should not begin with the last line of a paragraph unless it is full measure, and should not end with the first line of a new paragraph. … (A very short line at the top of a page is known as a “widow”, a single word or part of a word at the end of a paragraph is an “orphan. “) (3.11 p, 94)

このChicago manualのorphanの定義は間違いのような気がします。そもそも段落の最後にある単語をorphanというならすべての段落にorphanがあることになり、無意味な定義に帰結するんだけど。

New Oxford Style Manual (2012)では:

The last line of a paragraph should not fall at the top of a new page or column: this is known as a widow. An orhpan―the first line of a paragraph that falls at the bottom of a page or culumn―is undesireble, though it is now tolerated in most bookwork.(2.5.2 p.46)

Hurts ruleは、New Oxford Style Manualと同じ内容ですが、こちらは比較的明確な定義です。但し、行の長さについては特に説明がありません。

The elements of typographic style (Robert Bringhursh, V4.2)では:

2.4.8 Never begin a page with the last line of a multi-line paragraph.

Isolated lines created when paragraphs begin on the last line of a page are known as orphans. … they need not trouble the typographer. The stub-ends left when paragraphs end on the first line of a page are called widows. It is the custom to give them one additional line for company. (pp. 43-44)

そもそもstub-endってなんだろう? stub-endなどというおそらくwidowよりも意味不明な言葉を定義文の中に持ち込むのは間違っていませんかねえ。

まず、widowはページ区切りで発生するものをいうか、段の区切りで発生するものを含めるかの相違があります。さらに、本によっては行の区切りでwidowが発生するという文章もあります。

A widow (the term used for a single word ending a paragraph, that is, on a line of its own) …(Finer points in the spacing and arrangement of type, Geoffrey Dowding, Revised Edition Hartley & Marks, 1995 ISBN: 0-88179-119-9)

欧文組版ではwidowについては、日本語組版よりもかなり嫌われる存在のようですが、そもそも定義があまりはっきりしていないのは困りますね。

関連
デジタル時代のレイアウトは、ユーザーの目に見えない神プロセス
組版の価値。組版と画面表示(レンダリング)の相違を考える。
「日本語組版における行配置の課題」(第1版)を配布開始