ウイドウとオーファンって、なかなか深い

欧文組版にウイドウ(widows)とオーファン(orphans)という言葉があります。しかし、有名な欧文組版に関するテキストブックで、ウイドウとオーファンについて調べて見ても意味がなかなか分かりません。

まず、そもそも定義がはっきりしていません。本によって違います。また、回避すべきかどうかの要求度も必ずしも一致していません。

例えば、Chicago Manual of Style (15th edition)では:

A page should not begin with the last line of a paragraph unless it is full measure, and should not end with the first line of a new paragraph. … (A very short line at the top of a page is known as a “widow”, a single word or part of a word at the end of a paragraph is an “orphan. “) (3.11 p, 94)

このChicago manualのorphanの定義は間違いのような気がします。そもそも段落の最後にある単語をorphanというならすべての段落にorphanがあることになり、無意味な定義に帰結するんだけど。

New Oxford Style Manual (2012)では:

The last line of a paragraph should not fall at the top of a new page or column: this is known as a widow. An orhpan―the first line of a paragraph that falls at the bottom of a page or culumn―is undesireble, though it is now tolerated in most bookwork.(2.5.2 p.46)

Hurts ruleは、New Oxford Style Manualと同じ内容ですが、こちらは比較的明確な定義です。但し、行の長さについては特に説明がありません。

The elements of typographic style (Robert Bringhursh, V4.2)では:

2.4.8 Never begin a page with the last line of a multi-line paragraph.

Isolated lines created when paragraphs begin on the last line of a page are known as orphans. … they need not trouble the typographer. The stub-ends left when paragraphs end on the first line of a page are called widows. It is the custom to give them one additional line for company. (pp. 43-44)

そもそもstub-endってなんだろう? stub-endなどというおそらくwidowよりも意味不明な言葉を定義文の中に持ち込むのは間違っていませんかねえ。

まず、widowはページ区切りで発生するものをいうか、段の区切りで発生するものを含めるかの相違があります。さらに、本によっては行の区切りでwidowが発生するという文章もあります。

A widow (the term used for a single word ending a paragraph, that is, on a line of its own) …(Finer points in the spacing and arrangement of type, Geoffrey Dowding, Revised Edition Hartley & Marks, 1995 ISBN: 0-88179-119-9)

欧文組版ではwidowについては、日本語組版よりもかなり嫌われる存在のようですが、そもそも定義があまりはっきりしていないのは困りますね。

関連
デジタル時代のレイアウトは、ユーザーの目に見えない神プロセス
組版の価値。組版と画面表示(レンダリング)の相違を考える。
「日本語組版における行配置の課題」(第1版)を配布開始

MathMLの未来を考える―(2)『MathML数式組版入門』の大学図書館への寄贈活動について

前回の「MathMLの未来を考える―(1)現状の整理」の続きです。

Webなどで数式を扱う方法として、MathMLが標準化されてからかなりの年月が経過しています。しかし、MathMLはいまひとつポピュラーになっていないという印象があります。一方で、前回のまとめでも書きましたが、たとえば、Microsoft Edgeのプロジェクトでのアンケートではアクセシビリティの観点でMathMLへの熱烈なリクエストがあります。

前回のブログ以後、いろいろ考えた末、MathMLの普及・啓蒙活動をもっと積極的に行うべきという結論に達しました。ちょうど都合の良いことに、弊社では、道廣氏の執筆による『MathML数式組版入門』を出版しております。

そこで、普及・啓蒙の第1弾として、数式を頻繁に使うであろう学生や研究者が集まる大学図書館に『MathML数式組版入門』を寄贈したらどうかと考えるに至りました。しかし、寄贈しても受け入れていただけない可能性もあります。そこで、昨年末に予備調査として、15の大学図書館に問い合わせをしました。

問い合わせ文
—–
この度、貴図書館へ図書を寄贈したいと考えております。
寄贈の受入れに関してお教えいただきたくメールいたしました。

図書は以下のとおりです。
MathML 数式組版入門

本書はコンピュータ上で数式などの数学的記述を表現するためのMathML(マスエムエル)というマークアップ言語に関する説明、扱っていただくための入門を目的に執筆されたものとなります。

内容面で、貴図書館の受入れ基準に合致いたしますでしょうか。

本書は電子媒体(PDF)にて全文を公開しておりますので、次のアドレスより内容をご確認いただけます。
http://www.antenna.co.jp/AHF/ahf_publication/MathML/1.1/mathml-guide.pdf

また、本書は電子媒体(PDF)と紙媒体も用意しています。
寄贈させていただくにあたり電子媒体(PDF)、紙媒体どちらが望ましいかもお教えいただけますと幸いに存じます。
—-

1月17日現在で、回答は次のようになっています。

分類 図書館数 備考
受け入れる 6 すべて紙を希望
受け入れない 4 受け入れない理由:全文をWebで公開している図書は受け入れない(2)、寄贈書の受け入れを行っていない(2)
未回答 5

全体で見ますと4割の大学図書館で受け入れてもらえる、との結果となりました。そこで、本書を200冊ほど印刷して、受け入れていただける大学図書館を探したうえで寄贈する、という活動を開始することとなりました。

とりあえず、本日、上記6図書館に発送致しました。

もし、寄贈をご希望の図書館がございましたら、cas-info@antenna.co.jpまでご連絡を頂けると幸いです。
なにとぞ、よろしくお願い致します。

続報はこちらにございます。
「MathML 数式組版入門」の大学図書館への寄贈についてのお知らせ