CAS-UBで、『瞬簡PDF 書けまっせ7』のマニュアル製作、PDFの行数・文字数設定「一行文字数を増やすとページ数が増えることがある」に驚く

『瞬簡PDF 書けまっせ7』は、先日(9月15日)に7.2となりました。7.2は任意のPDFにフォームフィールドを設定する機能が追加されています。

『瞬簡PDF 書けまっせ7』のWebページ
『瞬簡PDF 書けまっせ 7』 改訂情報・アップデート

『瞬簡PDF 書けまっせ7』は昨年10月リリースで、単品パッケージの他、『瞬簡PDF 統合版9』にも同梱されています。どちらでお求めいただいた方でもアップデート版をインストールすれば最新版にしていただけますので、ぜひアップデートしてみてください。

さて、これに伴い、『瞬簡PDF 書けまっせ7』のマニュアルも全面的に刷新しました。『瞬簡PDF 書けまっせ7』のマニュアルは、製品のCDまたはダウンロードパッケージにPDF、およびWindowsのCHMヘルプの形式で同梱されています。このPDF版、CHM版は、CAS-UBで編集し、CAS-UBの生成機能によって作成しています。


『瞬簡PDF 書けまっせ7』同梱のPDF版マニュアル:A4サイズ、49文字/行、45行/ページ、本文10ポイント、行送り16.5ポイント、196ページ。

同じ内容はCHM形式として作成し、アプリケ-ションのヘルプメニューに組み込んでいます。


『瞬簡PDF 書けまっせ7』のヘルプを表示。

さらに、次のステップとして、同じ内容をWebページとして出力して、製品のページにも公開しています(但し、サポートの連絡先などは除外)。Webページ版のヘルプはこちらです。

Webマニュアル(『瞬簡PDF 書けまっせ7』のWebページ)

さて次のステップとして、マニュアルをプリントオンデマンド(POD)版として有償で販売します。『瞬簡PDF 書けまっせ7』のマニュアルは従来も、アマゾンなどからPODで販売しており、POD版の中では売れ筋でした。これまでの版はB5版135ページで税込み1,600円。今回は内容を大幅に改めたため従来と同じ版面では200ページを超えてしまいそうです。しかし、できるだけ価格は前回と同じにしたいと考えました。そのためにはページ数を減らさねばなりません。

そこでページ数を圧縮するため次のように設定をしました。
・文字サイズを9.5ポイントに変更(従来は10.5ポイント)、行送りは16.3ポイント
・画像の大きさを小さくする。版面に対する幅を(版面に対して60%などに)指定して縮小
・章のタイトルを扉(製品添付版)から改ページの先頭行(POD版)に変更
・節の終りで改ページ(製品添付版)から、成り行き(POD版)に変更
・一ページの行数:38行
・一行の文字数:41文字

このように指定した結果、B5で172ページにまでページ数を少なくできました。

それで、一行の文字数を42文字に増やせばもっとページ数が減らせるのではないかと次のように変更しました。

一行に入る文字数を増やすと、その結果、同じ分量のテキストなら少ない行数で配置できます。すると全体の行数は減って、最終的にページ数が減るだろうと期待したのです。

そうしましたら、なんとページ数が174ページとなり2ページ増えてしまいました。 なんでだろう?

調べてみますと、次の図のように、図版のあるページで42文字/行のときは図が大きくなっているようです。

これは、一行の文字数を増やすと版面の幅が1文字分広がり、図の幅を版面の幅に対する比率で指定しているため、図の幅が広くなります。そうしますと、図の高さがその分高くなるためなんですね。

文字数を増やすと一ページに入るテキストが増えるのは確かですが、図が大きくなるため、ページ数が増えるとは予想外でした。

「スマートフォン、ビジネス活用向けノウハウ」セミナー(無料)を開催します

iPhone、iPadによってもたらされたモバイル環境は「どこでもオフィス」を可能とした。対面でのプレゼンテーションで使うのは当然であるが、今注目したいのは、IDPF(International Digital Publishing Forum)で制定されたEPUB3だ。EPUB3 は電子出版の仕様であるが、この技術を、必要なときに現場ですぐ見る業務マニュアルや操作マニュアル、保守マニュアルに応用する動きが出てきた。一方、基幹業務の端末としてのスマートフォンの活用も定着してきた。
 そこで、これらを実現するための「確かな技術やノウハウ」を提供するセミナーを開催したい。

■開催日時

日時 9月24日(月)13:30~17:00(受付開始:13:00)
参加費 無料
会場 TKP神田ビジネスセンター H301号室(200名会場)
主催 アンテナハウス株式会社
後援 ソフトバンクモバイル株式会社
株式会社ソフトウェア・パートナー
協賛 日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社
司会進行 片貝システム研究所 片貝孝夫

■セミナータイムテーブル

時間 内容 講演者(敬称略)
13:30 ご挨拶 片貝システム研究所 片貝 孝夫
13:40 電子出版 EPUB作成サービスCAS-UBの紹介 アンテナハウス株式会社 代表取締役 小林 徳滋
14:15 スマートマニュアルの時代
マニュアルのEPUB化
片貝システム研究所研究員 木村 修三
14:50 サーバとスマートフォン同期/非同期連携
MicroWebServerによるさまざまな応用事例紹介
株式会社ソフトウェア・パートナー
システムソリューション部
次長 天井 誠一
15:20 休憩
15:30 基幹業務の端末としてのスマートフォン利用
リッチクライアントBiz/Browser活用事例
アクシスソフト株式会社
16:00 iPhone,iPadが拓くビジネスプレゼンテーション ソフトバンクモバイル株式会社
ビジネス推進統括部首席エヴァンジェリスト
中山 五輪男
16:45 ご挨拶、個別質疑応答 各社、各位

■お申込み

セミナーへのお申込みは、下記リンクにて受け付けております。奮ってご参加ください!

お申し込みページ